社会福祉法人 豊聖福祉会

個人情報保護について
個人情報保護規程
(目的)
第1条  この規程は、社会福祉法人 豊聖福祉会(以下「法人」という。)が保有する個人情報の適切な取扱に関して必要な基本的事項を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。
(定義)
第2条  この規程において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう。
(利用目的の特定)
第3条  個人情報の取得に当たっては、できる限りその利用目的を特定しなければならない。
  2  利用目的を変更する場合には、本人に通知又は公表するとともに、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない。
(利用目的の通知等)
第4条  前条の利用目的は、あらかじめ公表されている場合を除き、本人に通知し、又は公表しなければならない。また、本人の同意を得ないで、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。
(個人情報の適正な取得)
第5条  個人情報は、第3条に定める利用目的の範囲内において、適正かつ公正な手段によって収集されなければならない。
(個人情報の安全管理)
第6条  法人は、保有する個人情報の安全管理のため、組織的、人的、物理的、及び技術的措置を講じなければならない。
(従業者及び委託先の監督)
第7条  法人は、従業者(ボランティア等を含む)及び個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合はその委託を受けた者に対し、個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行わなければならない。
(個人情報の第三者への提供)
第8条  法人は、法令による場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ることなく、個人情報をみだりに第三者に提供してはならない。
(個人情報の開示、削除等)
第9条  法人は、本人から、自らの個人情報について開示、訂正、追加又は削除を求められたときは、必要な確認を行い、遅滞なく対応しなければならない。
(苦情への対応)
第10条  法人は、個人情報の取り扱いに関する苦情を受付ける窓口等を設置し、苦情の申し出があった場合は、適切かつ迅速に処理するよう努めなければならない。
(具体的な運用規則等)
第11条  法人は、本規程のほか、個人情報の管理運用に関する具体的な事項について、各々個別に規則等を制定し、個人情報保護に万全を期さなければならない。
(施 行)
第12条  本規則は、平成17年4月1日より施行する。
・個人情報に関する基本規則.pdf   ・個人情報に関する文書等管理規則.pdf   ・個人情報取り扱い規則.pdf
個人情報に関する基本方針
 社会福祉法人 豊聖福祉会(以下、「法人」という)は、利用者等の個人情報を適切に取り扱うことは、介護サービスに携わるものの重大な責務と考えます。
 法人が保有する利用者等の個人情報に関し適正かつ適切な取扱いに努力するとともに、広く社会からの信頼を得るために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報に関連する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることをここに宣言します。 
1. 個人情報の適切な取得、管理、利用、開示、委託
 
1 個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。
2 個人情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人の同意を得ることとします。
3 法人が委託をする医療・介護関係事業者は、業務の委託にあたり、個人情報保護法と厚生労働省ガイドラインの趣旨を理解し、それに沿った対応を行う事業者を選定し、かつ個人情報に係る契約を締結した上で情報提供し、委託先への適切な監督をします。
2. 個人情報の安全性確保の措置
 
1 法人は、個人情報保護の取り組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報に関する規則類を整備し、必要な教育を継続的に行います。
2 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、またはき損の予防及び是正のため、法人内において規則類を整備し、安全対策に努めます。
3. 個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等への対応
 
 法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等の申し出がある場合には、速やかに対応します。これらを希望される場合には、個人情報相談窓口(電話025−387−0900)までお問い合わせください。
4. 苦情の対応
 
 法人は、個人情報取扱に関する苦情に対し、適切かつ迅速な対応に努めます。
平成17年4月1日
社会福祉法人   豊聖福祉会
個人情報の利用目的
 社会福祉法人 豊聖福祉会 では、個人情報保護法及び利用者の権利と尊厳を守り安全管理に配慮する「個人情報に関する基本方針」の下、ここに利用者の個人情報の「利用目的」を公表します。
【利用者への介護サービスの提供に必要な利用目的】
1. 施設内部での利用目的
 
1 施設が利用者等に提供する介護サービス
2 介護保険事務
3 介護サービスの利用にかかる施設の管理運営業務のうち次のもの
・ 入退所等の管理
・ 会計、経理
・ 介護事故、緊急時等の報告
・ 当該利用者の介護・医療サービスの向上
2. 他の介護事業者等への情報提供を伴う利用目的
 
1 施設が利用者等に提供する介護サービスのうち
・ 利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)、照会への回答
・ その他の業務委託
・ 利用者の診療等に当たり、外部の医師の意見・助言を求める場合
・ 家族等への心身の状況説明
2 介護保険事務のうち
・ 保険事務の委託(一部委託含む)
・ 審査支払い機関へのレセプトの提出
・ 審査支払い機関又は保険者からの照会への回答
3 損害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出等
【上記以外の利用目的】
1. 施設内部での利用に係る利用目的
 
1 施設の管理運営業務のうち次のもの
・ 介護サービスや業務の維持・改善の基礎資料
・ 施設等において行われる学生等の実習への協力
・ 施設において行われる事例研究等
2. 他の事業者等への情報提供に係る利用目的
 
1 施設の管理運営業務のうち
・外部監査機関、評価機関等への情報提供
 なお、あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはいたしません。
平成17年4月1日
社会福祉法人   豊聖福祉会